お知らせ

2020年9月 9日 (水)

カリンバと珍獣画羊展

 

2020-9/25(金)〜10/4(日)

11;00〜18:00 期間中無休

中山昌果ー珍獣画羊

江崎たんぽぽー珍獣画

山下光雄ーカリンバ

@ギャラリ-夢雲 奈良県宇陀市室生向渕415

tel:0745-92-3960

http://www.39moon.com/

アクセス

http://www.39moon.com/blog/cat7922220/index.html

2020_20200910215501

能登の珠洲から、独創的な作品を緻密に作り、多くのファンを魅了する中山昌果さんの羊毛をつかっての珍獣画羊の作品が夢雲に届きますが、残念ながら、悩んだすえ、愛娘、月乃ちゃんを連れての在廊は、出来なくなりました。
奈良の自然豊かな御杖村で、屋久島の木や300年前の古材をつかってカリンバ作りに夢中の山下光雄さんの制作する、美しい音色で優しく素朴で可愛い珍獣の楽しいカリンバと前回初参加で大絶賛を受けた江崎たんぽぽさんが、又さらにパワーアップして不思議な世界を独自の感覚で表現する楽しい珍獣画との作品展。 驚きと楽しさいっぱいの『カリンバと珍獣画羊展」を9月25日(金)から10月4日(日)まで、期間中無休で平和の祈りを込めて開催いたします.
世界の民族音楽のマルチプレイヤーであり音楽セラピストのロビン・ロイドさんのカリンのLiveを10月1日(木)満月の日に,人数制限で18時より開演いたします。3日まえまでにお弁当のご予約も承っています。心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。  お越いただけるのを,楽しみにお待ちしております。        ギャラリ-夢雲  山脇優喜美

 

2020jrgb

中山昌果
プロフィール
1981 石川県に生まれる
2003 石川県立九谷焼技術研修所 本科・研究科卒業
2003 地元 珠洲市に戻り、自宅工房にて制作。
     以降 個展にて各地で作品を発表。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2020_20200910215201

山下光雄プロフィール

1967年 大阪生まれ
2000年 ロビン・ロイドさんに出会いカリンバをつくり始める。
2005年 夢雲 再生アート展に出展以降、各地で作品を発表
2008年 奈良県御杖村に移住

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

2020rgb_20200910215101 

江崎たんぽぽ

プロフィール
1988年 石川県生まれ
2011年 高崎経済大学卒業後神奈川県に移り住む
2014年 創作活動をはじめる
2015年 夢雲「どうぶつ展」に初参加

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2020rgb_20200910215301

パイパーイ」から はじまる朝
まだまだ“私”の9割は 娘のために在り
「昨日のつづき」に すっと戻れんくて
大きい物が 中々仕上がらん 歯がやしい
窓の前の一面の緑の形と色でも
十分楽しくなった
湯気か煙りみたいに
動く今日のいろ 脳ミソ日記

昌果

2020rgb_20200910215302

シャンシャン カラカラ ピンピン
カリンバにマラカスをつけてみた。
雲にミミズにプロレスラー

フリフリ ピンピン ニコニコ

ミツオ

 

2020rgb_202009102232012

2020年、いろいろなことを考えましたが、それらを一旦全部体に押し込みます。
それを『グリーンマイル』みたいに、変換して指先からおもいっきり吐き出せたらいいなと思って描きました。
曇天の4月の6畳間でしみじみ思ったのは、非常時における芸術やエンタメの大切さでした。日常のあり方が急激に変わって行く中で、ほっと一息同じ時間を共有できたら幸いです。

Robbin Lloyd お月見Live

プレイヤーであり音楽セラピストのロビン・ロイドさんのカリンのLiveを10月1日(木)満月の日に,人数制限で18時より開演いたします。

昔から中秋の名月は一年で一番美しいといわれています。そのインスピレーションで、みんなが気持ちよくなる音を奏でたいと思います。

会場 ・17時
開演 ・18時
料金 ・2000
要予約ー人数制限がありますので御予約をお願い致します。
料金 ・2000
Tel : 0745-92-3960
email : moon39moon@gmail.com
雨天決行

3日まえまでにお弁当のご予約も承っています。

お弁当ー3日まえまで 要予約 1000円

 

 

Live2020live

心と身体に優しいケータリング

要予約

ギャラリ-夢雲 Tel;0745-92-3960

2020_20200910223301 

2020rgb_20200910215501

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』

奥深い本質をついた奈良を知る為の情報誌
『月刊奈良」

5月号の『奈良旅の醍醐味』に
ギャラリ-夢雲をご紹介いただきました。

6月12日〜21日に

ボタンのアクセサリーや砂絵、オブジェのようなバッグなどが並ぶ『三人展』を開く予定とご紹介いただきましたが、申し訳ありませんが7月に変更いたしました。

20207/16(木)〜 7/27(月)
11時〜18時

『水月』 

つつむ、  つなぐ、つながる  3人3楽 

竹田安嵯代ーオブジェおようなバッグ             



長瀬清美 ーてづくり釦
畑 ゑり子代ー自然色の砂絵
賛助作品
山本伸二 ー木工作品

『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』

www.gekkan-nara.jp

Scan001-3

 

Scan001-3b_20200706221501

 

 

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

『キリムと灯り展』が4月6日に終了いたしました。

ギャラリー夢雲、2020年最初の作品展、『キリムと灯り展』が4月6日に無事いい感じで終える事ができましたが、4月7日にコロナウイルス感染症の緊急事態宣言発令され、トルコから来廊いただいたオスマン ダールさんは、飛行機が飛ばず,何度も飛行機のチケットを手に入れても、トルコに帰る事が出来ませんでした。大きな不安や心配を胸に大阪のホテルで待機されていましたが、オスマンさんが1ヶ月半以上たってやっとトルコに帰られました。まだ2週間は家で待機中です。オスマンさん本当にお疲れさまでした。ご苦労様でした。やっとご家族に囲まれてよかったです。ほっとしました。大変なときでも、明るく前向きなオスマンさんに元気をいただきました。2週間後、家での待機が終えられた時が、作品展が無事終えた事になります。優しいお心遣いをいただきました皆様、こころより感謝もうしあげます。
ギャラリ-夢雲は、5月の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』は。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。
6月の作品展は、7月に変更いたしました。

99299569_2953207681395761_77092856757653

100323505_2953208078062388_4178803505978

99289290_2953208741395655_76660221652500

コロナの緊急事態宣言 の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。
6月の作品展は、7月に変更いたしました。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

5月の作品展『南蛮と白磁』はコロナのため中止いたしました。

ギャラリ-夢雲は、5月の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』は。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。


#森岡成好#森岡由里子 の工房です。
DM制作のため写真撮影におとずれました。
残念ながらコロナのため中止になりました。
楽しみにお待ちいただいてた皆様、誠に申し訳ありませんが
2年後の5月に開催予定です。

6月の作品展は、7月に変更いたしました。

 

101059476_3147462692012205_3950349651428 100100914_3147462758678865_8430792498766

99117631_3147462818678859_74113737647236 101320263_3147462872012187_3079600892509

100608196_3147462962012178_3972605733869   

100703482_3147463142012160_6566068649763

2年前の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』

2018ab

2018b

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

2020-キリムと灯り

 

2020rgb
 SUFi Osman Dagli
鍛冶師 河上知明・川上真琴
2020年3月28日(土)〜4月6日(月)
11時〜18時 期間中無休

2020年、春のお訪れとともに、今年最初の企画展は、厳しくも豊かな自然の恵みを受け大地のエネルギーに満ち溢れたキリムをこよなく愛し、最高のコンディションにして、キリムの文化を楽しく伝えてくれるキリムの修復職人でもあるオスマンダールさんが、はるか遠い国 トルコ・イスタンプールからの来日です。トルコの大地で暮らす遊牧民が生活の必需品として、また嫁入り道具として、丹念に手間を惜しまず時間をかけ願いを込めて織り続けてきたキリムと金属そのものがもっ 命や息づかいを表現する鍛冶師・河上知明さんと、鉄とは思えない優しいラインで夢ある表現をする、進化しつづけている河上真琴さん。二人の鍛冶師がつくる心に沁み入る澄んだ音の出る三昧琴の響きと、美しい灯り。『キリムと灯り』展、を平和の祈りを込めて開催いたします。心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。こぶし、さんしゅゆ、薮椿、春の花が咲くギャラリ-夢雲に全日在廊のオスマンさん、河上まことさん会いに是非おこしくださいませ。
ギャラリー夢雲 山脇 優喜美

 

2020-brgb

プロフィール
1971年 キリムの産地で世界的に有名なトルコ・コンヤの田舎に生まれる。14歳の頃より修復の仕事を始め、独立後はトルコとアメリカのサンフランシスコにアトリエ店舗及び修復専門の会社を立ち上げる。2007年 大阪にキリムの専門店をオープン。2013年 トルコ・イスタンブールに移転。日本全国でもキリムの魅力を伝える為展示会を続ける。

メッセージ
いつの間にか大阪でお店をしていた年数とイスタンブールに移転してからの年数が同じくらいになりました。小さなお店の中に居ながら世界中のお客様をお迎えし、一期一会の出会いに感謝をしながら日々過ごしております。トルコにいると世界の状況がダイレクトに伝わってきます。良いことも悪いことも。でもどんな時もキリムに対する愛情、お客様への誠実さだけは失わず、好きなこの仕事を続けていけるようにと願っています。

 

Argb

2020crgb

プロフィール
1971年 キリムの産地で世界的に有名なトルコ・コンヤの田舎に生まれる。14歳の頃より修復の仕事を始め、独立後はトルコとアメリカのサンフランシスコにアトリエ店舗及び修復専門の会社を立ち上げる。2007年 大阪にキリムの専門店をオープン。2013年 トルコ・イスタンブールに移転。日本全国でもキリムの魅力を伝える為展示会を続ける。

メッセージ
いつの間にか大阪でお店をしていた年数とイスタンブールに移転してからの年数が同じくらいになりました。小さなお店の中に居ながら世界中のお客様をお迎えし、一期一会の出会いに感謝をしながら日々過ごしております。トルコにいると世界の状況がダイレクトに伝わってきます。良いことも悪いことも。でもどんな時もキリムに対する愛情、お客様への誠実さだけは失わず、好きなこの仕事を続けていけるようにと願っています。

 

Brgb

河上真琴
プロフィール

プロフィール
1989年石川県小松市生まれ。
2011年金沢美術工芸大学製品デザイン専攻卒業。河上知明に師事し、自宅工房あとりえ三昧亭にて制作を始める。
2018年あとりえ三昧亭代表に就任。全国のギャラリーで作品展を開催しながら、お客様ひとりひとりの思いに合わせてオーダー制作も行っている。


メッセージ

「宇宙は回転しながら膨らんでいて、
庭では草が回転しながら伸びていき、
僕がその気持ちのいい感じを鉄で打ち、
伸びやかな鉄作品が1つ生まれ、
それを見て誰かが気持ちよくなり、
その気持ちよさがまた別の何かになる。
自然も自分も作品も、作品に触れた人の心も継ぎ目の無い1つの流れだと感じながら、なるべく流れに身を任せて、気持ちいい形を1つ1つ見つけて作っていきたいです」

 

河上知明
「プロフィール

 河上知明 1956年生まれ
京都にて鍛冶師を志し29歳で独立。
以後、火をテーマに鉄の燭台を創り続けて生業とする。

2020drgb

2020argb

 

Rgb_20200320161901

| | コメント (0)

余寒見舞い申し上げます。

2020jpg 2020jpg 2020jpg

 

余寒見舞い申し上げます。
昨年は暖かい冬でしたが、
赤い薮椿や梅の花が満開に咲く夢雲では、
小雪がちらつき冬の寒さを感じます。
お元気でいらっしゃいますか?
昨年もギャラリー夢雲で織り成す作品展で
作品(作家)と人とが響あい幸せな光が飛び交い,
素敵な方々に優しく温かく応援していただき、
ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
歩くと足が痛くなったりと、歳を感じずには
居られませんが、自分をメンテして
楽しいこといっぱい考えながら、
心も体も健康になって楽しい作品展が
お届けできるよう心尽くして参ります。
保護犬だった夢雲(ムウン)も、笑顔がいっぱい
でるようになってきました。
コロナウィルスと大変な時ですが、
くれぐれもお体大切にしてご活躍くださいませ。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

耶馬渓の自然と宇宙のかけら展

2019年12月20日 11:00~12月29日 11:00〜18:00
笠井秀郎ーランプ
中島信男ー木のの器
藤野祐一木の家具
森ひろこー版画 コラージュ
一年の感謝こめてギャラリー夢雲の
二0一九年、最終の冬の作品展を開催いたします。
201_20191210123101

へたへた工房の中島信男さんが銘木や杉、ひのきの木片などをチェンソーを使って、漆や草木で染めた温かく味わい深い木の器やテーブル。
クラフトモクモクの藤野祐一さんが一脚一脚向き合いながら丁寧に作り込まれた、木の生命の温もりを感じる、座ってとても心地よい椅子達。
耶馬溪の自然と共に暮らす二人の作品と
夢雲では、おなじみの森ひろこさんの、
新しい命が宿るように愛を込めて生み出す、
柔らかで温く 深く優しい人柄と作品から
人々に幸福の光をおくる
森ひろこの版画やコラージュ。
廃材など使われなくなった材料を使って生まれた、
柔らかさと温もりに満ちた
吹きガラスのラ ンプをつくる
笠井秀郎さんが、今年は新しく
ご参加いただきます。
温かく美しい冬の灯りが加わって
4人が織りなす温もりに満ちた楽しい作品展。
『耶馬渓の自然と宇宙のかけら展』を
十二月二0日(金)〜二九日(日)まで十日間無休で開催いたします。
Jpg_20191210124701
201_20191210124401
Photo_20191210124401   
 
201jp Jp 201jpg_20191210124701
Photo_20191210125001

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

珠洲焼・中山達磨陶展-(賛助作品・ヤマモト實/日本画)

2019 11/23 Fri→12/2Sun
期間中無休11:00〜18:00
会場:ギャラリ-夢雲
奈良県宇陀市室生向渕415
Tel:0745-92-3960

http://www.39moon.com/

ttp://picpanzee.com/place/246278808755342

201a3h210_20191107220101

 

2019_20191107220701

 

 

室末期町、奥能登珠洲にこつ然と姿を消した幻の古陶・珠洲焼を40年前に珠洲焼の復興に情熱を注ぎ再興した陶芸家、中山達磨氏の珠洲焼ー中山達磨陶展に賛助作品に野の草花などの小さな輝き、生命の美しさをこころのフィルターを通して表現でするヤマモト實さんの作品とのふたり展を開催いたします。 11月23日(金)より12月2日(日)まで無休で開催いたします。


昌果さんの工房が加わり,美しくなた3000坪の広い敷地の工房に可愛い孫の月乃ちゃんの存在が輝いていました。昌果さんと月乃ちゃんも一緒に来廊です。
中山達磨さんのダイナミックな作品群が夢雲に届きます。
灰被や自然釉の器や壺は、素朴の中に品格のある焼きもので、ビールの泡が細やかで、水がいつまでも澄み、野の花がとてもよく似合います。
ご高覧頂ける事を,楽しみにお待ちしております。
心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。

 

201a_20191107215901

珠洲焼
珠洲焼は須恵器の流れを汲む焼物で、平安から鎌倉、室町時代にかけて珠洲各地で焼かれた.戦国期に忽然と姿をけし,考古学会でも謎の古陶とされていたが、昭和入ってからの研究により「珠洲焼」と命名された、昭和52年に、約400年の眠りを得て珠洲焼を復興。中山 達磨氏は四〇年前に珠洲焼の再興に情熱を注いでこられた。
中山達磨氏ががつくる高温還元でやきしめられた珠洲焼は. 幽玄ともいえる灰黒色の落ち着いた美しさを醸し出しダイナッミクの中に繊細、古風な中にモダン、 素朴の中に品格のある焼きものがある。野の花が似合い、使い込むほどに味わいのます焼きものである。

2019a

 

2019b

珠洲飯塚窯 suzuiizukagama
中山 達磨 Nakayama Tatsuma
1952年 金沢市生まれ
1976年 九谷工芸高等訓練校卒業
1978年 珠洲市陶芸実習センター入所
1982年 珠洲飯塚窯開窯
1982年 石川の伝統工芸展入選
1983年 現代美術展入選
1983年 全国植樹祭で「燻べ焼花生」天覧の栄に浴す
1983年 石川の伝統工芸展入選
1984年 石川の伝統工芸展入選
1988年 京都・奈良・大阪で個展
2013年 石川県伝統産業優秀技術者・功労者表彰を受ける

 

 

201-b

ギャラリー夢雲での2回目の賛助出品です。野の花が美しい。花は季節を感じて咲いている。そして、自然が作った造形美。
その自然から感じた生命の美しさをこころのフィルターを通して表現できればと思っています。山本實

 

2019c

 

ヤマモト實 画歴
1952年  大阪に生まれる
京都市立芸術大学日本画専攻科(現、大学院)修了
1975年  創画展初入選
1977年  第1回京都日本画選抜展 京都府買い上げ
1978年  第2回京都日本画選抜展 出品
                日展初入選
1984年  第9回京都美術展 奨励賞
                第3回山総美術公募展 佳作賞
1986年  上野の森美術館絵画大賞展 入選
1988年  東京セントラル美術館日本画大賞展 入選
1990年  京王百貨店新宿店にて個展開催(91年、92年)
1992年  青垣2001年日本画展 入選
1994年  第5回記念 川端龍子賞展 入選
1998年  奈良そごう百貨店にて個展開催
1999年  京王百貨店新宿店にて個展開催(2001年)
2000年  奈良そごう百貨店にて三人展
2013年  第64回みえ県展 入選
2017年    大阪 茶屋町画廊にて個展開催
2017年     奈良 ギャラリー夢雲にて賛助出品
2018年      東京 かわうそ新人賞2018展 入選
2019年      三重 武家屋敷 赤井家住宅にて個展開催

 

201-c

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

河野甲×コウノシゲコ二人展

KO KONO
LEATHER WORK EXHIBITION
+
SHIGEKO KONO
original figurative works

2019 10/19 SAT→10/3281Mon
期間中無休11:00〜18:00
会場:ギャラリ-夢雲
奈良県宇陀市室生向渕415
Tel:0745-92-3960
http://www.39moon.com/
2019aai

秋色に染まった室生の里はコスモスが風に揺られ、空高く爽やかな季節です。いつも温かく応援していただきありがとうございます。
造形作家、河野甲氏によるカタツムリに特化した私設博物館『かたつむりミュージアムラセン館』2019年9月20日にオープンされました。
その中で三年に一度の『河野甲×コウノシゲコ』のふたり展を開催をすることができました。心より感謝もうしあげます.
獣貝草虫に精通された河野甲の深いまなざしに卓越した技術と、 皮革という素材に真摯に向い、生物に生命を蘇らせる独自の造形美で表現する、河野甲レザーワークの世界。
河野甲の大きな作品『麒麟』『プロトケラトプス 』 等、夢雲では初めてのオークションに出品いただきます。
内面の多様性を石塑とキャンバス布を駆使し生きものフォルムをテーマに詩情ただよう作品をつくるコウノシゲコの世界とのふたり展。.
是非多くの皆様にご高覧頂きたい夢雲待望の企画展です。
心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。
お誘い合わせのうえギャラリ-夢雲にお越いただけるのを楽しみにしております。季節の変わり目、くれぐれもご自愛くださいませ。

201rgb

KO KONO 河野甲
LEATHER WORK EXHIBITION

2019aai_20191007232001

 

A201psd

子供の頃、工作が好きで、よく色んなものを作った。東京タワーや南極観測船ふじ、新聞紙で作ったオオカミや結構リアルな板垣退助の偽札とか。思い出せばいくらでも出てくる。
創ることに我を忘れるのだけど、仕上がりが満足のいくものであれば、なおさら楽しい。
純粋に没頭している忘我の自分と、制作過程をコントロールする客観の自分が綯交ぜになって進める造形の仕事は、本当に楽しい。
そんな楽しい作業を生業にしてしまったものだから、なんだか楽し苦しい事になってしまった。もう30年以上楽し苦しいのだ。そんな自分の手から生み出た造形物に、少なからず
どこかの誰かが ウーム となるから止められない。

河野甲

 

SHIGEKO KONO
original figurative works

2019aai_20191007232101

SHIGEKO KONO コウノシゲコ
Original figurtive Exhibition@MOONとても大切なこと

 

先日、G君とSちゃんの新しい命の エコー写真を見せて貰いました。
子宮の中で育つ新しい命
「不思議で奇跡」改めて感じました。
地球上の全ての生き物。
とても大切にしなければ!
何も出来ていないけれど取り敢えず真剣に思いを寄せるのが第一歩。
「生き物のフォルム」・思いを寄せて創りたいと祈ります。
           コウノシゲコ

201rgb_20191007232101

 

2019jpg

造形作家、河野甲氏によるカタツムリに特化した私設博物館『かたつむりミュージアムラセン館』2019年9月20日にオープンされました。
その中で三年に一度の『河野甲×コウノシゲコ』のふたり展を開催をすることができました。心より感謝もうしあげます.

201rgb_20191007233301

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

朱夏2919

東學X村上美香-二人展-『朱夏Ⅷ』

9月20日 11:00~9月29日 18:00
ギャラリー夢雲
宇陀奈良県市室生向渕415


69742184_2556872171071263_36656074415564

 

燃えさかる万物のいのちの美しさを伝えたくて名づけられたテーマタイトルの『朱夏』
墨をまるで糸のように操り、森羅万象における命の美を描く絵師、東學の最近の作品モンスターや龍や月。ボディペイントの写真や、いままでの大作の作品もみせていただけるかも知れません。

平成の浮世絵師 東學(あずま がく)の世界  https://matome.naver.jp/odai/2137154043838792801

瀬戸内の海を産湯に、波を子守唄に育ったコトバの作家、村上美香は、http://188.jp/188_jp_2/staff/mika/

父母から受け継いだ素朴で力強いコトバを、できるだけそのまま、飾らないまま筆で焼き付けた作品達、東學とのコラボの作品、8回目の二人展、美香さんの愛犬、まめとみつ、http://188.jp/mame/

三代目夢雲とモンスターや龍達と共に、自然に囲まれたギャラリ-夢雲でお待ちしております。是非ご高覧いただけるのを 楽しみにしています。


どうぶつ展では、遠路たくさんの皆様にお越いただき優しいお心遣いありがとうございます。

季節の変わり目くれぐれもご自愛くださいませ。                             ギャラリ-夢雲

次回の作品展は三年に一度の待望の『河野甲×河野滋子二人展|を開催いたします。
2019 10/19sat→10/28mon  期間中無休11:00〜18:00

A4ai

東 學
Azuma Gaku

絵師/アートディレクター
Bokuga painter/Art director

mail gaku@188.jp / Facebook gaku.azuma / Instagram @gakuazuma

執筆本:
『旅する柴犬まめのポラロイド写真詩集~ぼくらは簡単なことばで出来ている』(PARCO出版)
『旅する柴犬まめのポラロイド絵本~永遠売り』(PARCO出版)
『マチオモイ帖〜はじまりとそれからのものがたり〜』(188)
『しげい帖』(188/BOCKS)

墨画パフォーマンス実績:
『大丸百貨店300年記念式典』「孔雀」祝賀会ライブペイント(京都)/2016
『萬福寺音舞台』「蓮園」ボディペイント&ウェルカムパフォーマンス(京都)/2016
『大覚寺イベント』「鳳凰」(京都・大覚寺)/2015
『片岡愛之助特別公演~三番叟~』歌舞伎壁画ライブペイント/2014
『龍・虎/歌舞伎町弁財天』(新宿・歌舞伎町)/2014、2015
『大野神社 落慶記念パフォーマンス』(滋賀・大野神社)/2017

宣伝美術作品実績:
『シダの群れ3~港の女歌手編』(主演=小泉今日子、阿部サダオ)/2013
『スーパー歌舞伎Ⅱ~空ヲ刻ム者』(主演=市川猿之助、佐々木蔵之介)/2014
『つるべ寄席』/2012、2013、2014
『ダブリンの鐘つきカビ人間』(パルコ&キューブ)/2002、2015
『七人ぐらいの兵士』(主演=明石家さんま)/2000、2001、2015
『趣味の部屋』(パルコ劇場公演、主演=中井貴一)/2015
大人の新感線『ラストフラワーズ』/2014
『コルトガバメンツ』(パルコ劇場公演、主演=藤ヶ谷太輔)/2014
維新派『トワイライト』/2015
維新派『アマハラ』/2016
『スーパー歌舞伎II~ワンピース』(主演=市川猿之助)/2015-2016
『TAKE FIVE』『TAKE FIVE2』(主演=藤ヶ谷太輔)/2015、2016
SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn』(主演=生田斗真)/2017
『魔都夜曲』(主演=藤木直人) /2017
『人間風車』(主演=加藤諒、ミムラ、成河)/2017

 


村上 美香
Murakami Mika

取締役/コピーライター/エディトリアルディレクター
director/Copy writer/Editorial director

mail mika@188.jp / Facebook mika.murakami1 / Instagram @vincent_mika
まめとみつ http://188.jp/mame/


執筆本:
『旅する柴犬まめのポラロイド写真詩集~ぼくらは簡単なことばで出来ている』(PARCO出版)
『旅する柴犬まめのポラロイド絵本~永遠売り』(PARCO出版)
『マチオモイ帖〜はじまりとそれからのものがたり〜』(188)
『しげい帖』(188/BOCKS)
『さかまち帖』(188/BOCKS)
『センニチマエ帖』(188)

編集本/インタビュー:
『サントリー1万人の第九』プログラム(2000年~継続)
『ゆうちょ銀行/マチオモイカレンダー』(2013年~継続)
『千趣会/しあわせ予報』冊子(2014、2015)
『メビック扇町コラボ事例集~逢いにいかなくちゃ』(2017)
『なんば戎橋筋商店街~EBISCLUP』フリーペーパー(2011年~継続)
『The CAMPus』(農業を面白くするWeb学校』(2017)   ほか

講演会/トークサロン:
『新春マチオモイミーティング~その島から未来をオモシロく』(大阪府/2017)
『熊本地震の避難所からおもいのバトンを大阪、そして全国へ』(大阪府/2017)
『おもいを届けるコトバ塾(全6回シリーズ)』(大阪府/2017)
『広島県さとやま博覧会トークinグランフロント大阪(進行/山崎亮)』(大阪府/2017)
『阿久根駅華の女子大学~マチオモイ帖:自分のまちが宝物に変わる』(鹿児島県/2017)
『広島県人会・名古屋総会~マチオモイ帖を語る』(愛知県/2017)
『小さなマチオモイサロンin 因島』(広島県/2017)
『ひろしま湾 春のミーティング&マルシェ』(広島県/2018)
『マチオモイ帖つくろ!~わたしだけの物語の編集法』(大阪府/2018)
『春のマチオモイピクニック&ミーティング』(大阪府/2018)   ほか

 

Photo_20190906002801

68700182_2464760823591520_25615142862664

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧