お知らせ

2021年4月12日 (月)

よろずよしーいとう写真館×山下光雄


きらきら輝く新緑に囲まれた一番大好きな幸福な季節に、夢雲の空間で、いとう写真館×山下光雄展「よろずよし」を4月29日(木)より5月9日(日)まで、無休で開催いたします。
様々な媒体で活躍する写真家 ・伊東俊介さんの全国各地で撮影された家族写真は、自然なご家族の表情がモノクロフィルムで撮影され、温もりと深みのある、心に響く家族写真です。今回はカリンバでおなじみの山下光雄さんの、今のりにのっている山下光雄さんがつくる楽しくてふっと笑みがでる作品たちがいっしょに展示します。写真の展示、心と身体にに優しいケータリング、周辺の散策なども楽しんでいただけます。 お越しいただけるのを楽しみにお待ちしております。
写真館当日は、撮影時以外はマスクの着用、手指の消毒、密を避ける、体調不良の場合は来場をお控え頂く、などのコロナ対策をとっての開催となりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。(当日でもキャンセル料は発生致しません。)

お客様同士の接触を避けるため、当面の間、完全予約制とさせていただきます。
予約無しでの当日参加はできませんので、ご了承下さい。
どうぞ、くれぐれもご無理なきようお願いいたします。
 

2021年4月29日(木祝)~5月9日(日)
いとう写真館 @ギャラリー夢雲

いとう写真館@ギャラリー夢雲
開催日: 2021 年 4月29日(木祝)〜5月9日(日)
会場:ギャラリー夢雲
(奈良県宇陀市室生向渕415)
時間:11:00~17:00(最終受付16:30)

 

Photo_20210412000701

2021y

.Y  

心と身体に優しいケータリング

心と身体にに優しいケータリング、周辺の散策なども楽しんでいただけます。

お弁当をお持ちいただいても大丈夫です。

 

Rgb_20210417172601

今という大切な時間を忘れないために
一枚の写真を残してみませんか。

将来あなたのそばにいる人たちのために。
幸せものでしたと伝えるために。
言葉で伝えることも大切だけど、
写真で伝えることも素敵だと思いませんか?
家族、友達、恋人と一緒に。もちろんあなたひとりでも。
縁あって今を過ごすひとたちと、縁あって今を生きるあなたを。
いとう写真館がお手伝いします。

いとう写真館


2021年4月29日(木祝)~5月9日(日)
いとう写真館 @ギャラリー夢雲

Brgb_20210417172901

Jpg_20210417173001

 

写真館当日は、撮影時以外はマスクの着用、手指の消毒、密を避ける、体調不良の場合は来場をお控え頂く、などのコロナ対策をとっての開催となりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。(当日でもキャンセル料は発生致しません。)

お客様同士の接触を避けるため、当面の間、完全予約制とさせていただきます。
予約無しでの当日参加はできませんので、ご了承下さい。
どうぞ、くれぐれもご無理なきようお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

生命の光

 

手織り絨毯ーシェヘラザードコレクション×
勝水喜一の木工×
荒川尚也のガラス

2021年、風の時代、多くの方々に喜んで頂け心に響く作品展をお届け出来るよう心尽くしてまいります。希望と願いをこめて2021年初めての作品展を3月27日より開催いたします。
シェヘラザードの田中モハンさんが夢中になり、長い年月愛情をかけて収集してきた手織り絨毯、丹念に手間を惜しまず純粋な思いや願いを込めて、3千年昔より一結び一結び思いを込めてつくられてきた絨毯のシェヘラザードコレクションと、タンチョウが降り立ち、シャケが産卵するチチャップ川のほとり 阿寒の森で活動する、木工作家であり自然栽培農家でもある勝水喜一さんの美しい木工(椅子やテーブル、木皿など)の作品と、丹波町の和知の水に恵まれた山里で砂から熔かしてガラスを作る、荒川尚也さんの清流のような透明感のある美しい生命の光をかんずるガラスの作品との三人展。
平和の祈りを込めて『生命の光』を開催致します。春到来で虫や鳥、草木もワクワク.喜びに満ちた室生の里、ギャラリ-夢雲にご高覧頂けるのを、楽しみにお待ちしております。心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております

20212

2021

2021rgb_20210319201901

 

◆荒川尚也  Naoya Arakawa
プロフール
1953年 京都市生まれ。
1978年 北海道大学 農学部 卒業
札幌の豊平ガラスに入社。吹きガラスの技術を学ぶ。
1981年 京都府京丹波町細谷にて晴耕社ガラス工房を始める
1995年 京丹波町中山に工房を移転。

石に咲くガラスの花はゼンマイ仕掛けで動いている。一度ゼンマイを巻くと数日間、咲いて閉じるを繰り返す。その周期は24時間とずれているので、朝咲いてる時も夜中に咲いている時もある。その動きは人の目では感じることが出来ないほどゆっくりで、ほんとうの植物と同じように、見つめているうちは咲いてくれずに気がつくと咲いている。
> この動きは人力でゼンマイに貯められたエネルギーが振り子の仕組みで徐々に解放されることによる。。などと理屈を言うと風情も無くなるけれど。。でもこの花は人の力、つまり命で咲くのだから生きていると言ってもよい。だれもゼンマイを巻く人がいなくなると動きをとめる。愛してくれる人がいる限り咲き続ける。。
荒川尚也

2021rgb_20210319203401

勝水喜一
プロフール 
1959北海道釧路市生まれ
1983東京造形大学デザイン科卒業
1989飛騨地方にて大工として弟子入り大工職とともに日本建築在来工法のディテールを手掛りとした家具の作を開始
1993釧路市阿寒町にて麓工房開設
2003ファニチャー・ソサエティー・フィラデルフィア・カンファレンス参加・出展
2009シタカラ農園を立ち上げ、自然栽培の野菜を生産出荷
木工と農業の2面からの活動を模索

生活の中での音響を少し良くした事で、朝や就寝前にクラシック音楽を聴く
機会が増えた。同じ楽譜でも演奏者や指揮者によって音楽の印象は変わる。こ
れは楽しい。
 2年前から久しぶりに新しい椅子の制作に着手している。考え方やディテー
ルを図面化して工作するが、3面図通りに作っても現れて来ない。
 そこから一つ一つ部材を削り込み、もう一度組み立てると、初めにあった調
和さえ失い混沌としている。もう一度初心を確かめ……そしてまた削り込む。
 今でも変わらずに右往左往している。
勝水喜一




田中 モハン Mohan Tanaka (Mohan Mirchandani)

プロフール

1950年 スリランカで生まれる

1952年 父の仕事(綿の輸出)のため日本に移住
1971年 米国ノートルダム大学経済学部卒業
1971年 布地、生地、紅茶等の輸入業を始める
1975年 英国オックスフォード大学 大学院にてインド哲学を勉強
1978年 京都府京北町にて自然農法による農業に従事する
1986年 香港にて絨毯の師匠に出会い本格的に絨毯を学ぶ(祖父が絨毯並びに
宝石商のため絨毯は折に触れていた)
1989年 神戸でシェヘラザード設立 現在に至る
http://sherazade.jp/about/

メッセージ

「今、目の前に見ているオールド、アンティークの絨毯はすべて幻想ですよ。」と僕は口癖のように語っています。
1940年代、50年代、60年代と戦争のない平和で落ち着いた時代に作られ、受け継がれ、良い味わいになった絨毯をこの30年、イランやトルコを駆け巡り集めてきました。
しかし世界情勢の変化、環境の変化でよい絨毯が本当に少なくなり、イランやトルコのバザーを歩いてもたくさん絨毯はありますが、本当に良い絨毯と出会えなくなっています。
どんどん深く掘り起こし見つけてきた個性満載のオールドギャッベをはじめトルコ、アフガニスタン、南ロシアのコーカサス地方、チベットに中国、ウィグル族等の「幻想」の美しい世界を味わっていただければ幸いです。

                                       田中モハン

勝水喜一
プロフール 
1959北海道釧路市生まれ
1983東京造形大学デザイン科卒業
1989飛騨地方にて大工として弟子入り大工職とともに日本建築在来工法のディテールを手掛りとした家具の作を開始
1993釧路市阿寒町にて麓工房開設
2003ファニチャー・ソサエティー・フィラデルフィア・カンファレンス参加・出展
2009シタカラ農園を立ち上げ、自然栽培の野菜を生産出荷
木工と農業の2面からの活動を模索

生活の中での音響を少し良くした事で、朝や就寝前にクラシック音楽を聴く
機会が増えた。同じ楽譜でも演奏者や指揮者によって音楽の印象は変わる。こ
れは楽しい。
 2年前から久しぶりに新しい椅子の制作に着手している。考え方やディテー
ルを図面化して工作するが、3面図通りに作っても現れて来ない。
 そこから一つ一つ部材を削り込み、もう一度組み立てると、初めにあった調
和さえ失い混沌としている。もう一度初心を確かめ……そしてまた削り込む。
 今でも変わらずに右往左往している。
勝水喜一

 

 

 

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

余寒お見舞いもうしあげます。

 

余寒お見舞いもうしあげます。

Rgb_20210319095401

 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

白い冬,心の花をおくる

あけましておめでとうございます♥️






昨年は、コロナで7月末まで休廊しておりましたが作品展開催時には遠路から大勢お越しいただけました。優しいお心遣いをいただき心より感謝申し上げます。
「白い冬心の花をおくる」12月28日に無事終了いたしました。コロナ自粛でお客様はお越しいただけないだろうと思っておりましたが、寒い冬も太陽の光に恵まれ、雨予報さえも明るい日差しに包まれ、年末の忙しい時にたくさんご来場いただきありがとうございました。

子供たちが外で無邪気に遊び、外でケイタリングを楽しんでいただいている様子に、どこでもこの光景が早く訪れることを祈っています。

作品展では写真家の辻本しんこさんの、全力で真摯に向き合う姿に心打たれました。どんなアクシデントに出会おうとも、最後まであきらめず心を尽くして喜んでいただけるように努力するしんこさんと、サポーターの奥山さんに心が熱くなり、幸せをいただきました。

紙箱を作るキラキラ輝く梅川茜さんには、いっぱいお手伝いをいただきありがとうございました。茜さんの箱は、楽しくて優しくて私の宝箱です。

天使のような森ひろこさんの作品は、今回は暖かく優しい色合いの作品が多く、ギャラリー夢雲の空間が幸せ色に包まれました。ひろこさんのとてもひょうきんな一面も楽しかったです。

今回とても忙しい状況の中で、夢雲の作品展に向き合っていただいた畑中篤さんは、毎回力をつけてこられ、とても見ごたえがあって嬉しかったです。畑中さんにしかない陶芸の世界を楽しみにしています。畑中さんそっくりなお嬢さんの才能豊かなりんちゃんが、みんなの似顔絵とお手紙には感動しました。

ケイタリングの皆様の心と体に優しい食事を提供いただき、いつも優しい心遣いありがとうございます。スタッフの麻衣はさんのフラとても素敵で、楽しいクリスマスになりました。陶芸家のの卵の伊藤さんには毎回おいしいまかないを作っていただき感謝しています。他大勢の方々に応援いただき夢雲は幸せです。

この作品展で私は沢山の心の花をいただきました。ありがとうございました。
平和と健康の祈りを持って、心の花をお届けできるよう心尽くしていきたいと思っております。皆様のご健康とお幸せを祈っております。
本年もよろしくお願い申し上げます。

感謝を込めて
   山脇優喜美







135504807_3411136095682733_5714851910046



135634830_823147478232581_31213813125080
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>














「白い冬、心の花をおくる」4人展


2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00
ずっと閉廊で、作品展を開催出来ることは、素晴らしい事なのだと実感し大きな喜びを感じています。
Photo_20210114180801


2020a_20201206233401


ギャラリー夢雲の2020年最終の作品展『白い冬、心の花をおくる』を12月19日(土)から12月28日(月)まで無休で開催いたします。
126518615_3450283078381208_2771081536538
自然体で深く優しいお人柄の『畑中篤』の焼きものは奈良の土や、友人の田んぼで燃やしてつくった灰等を用いて、日常遣いの焼きものも畑中さんの彫刻と同じく端正で美しい。シンプルな中にぬくもりがあり心地いい焼きものです。
天使のような優しく温かい『森ひろこ』の版画は、想像力をかきたて、ぽっと、こころに幸せをはこんでくれる。
フランスで習得した紙箱作りのしっかりした技術をベースに独自の夢ある箱の世界を表現する『梅川茜』の作品は素朴で優しい宝箱です。
上質な革をつかってイキモノの形が革カバンをつくる 山本弥生さんは,残念ながら不参加になりました。又2年後の参加をまっています。

そして、才能豊かなで魅力的な写真家の『辻本しんこ』の肖像写真館は、今回もモノクロフィルムで撮影します。出来れば要予約です。フィルムはすべて暗室技師である勢井正一さんの手により現像・プリントされます。さらに今回はより紙の風合いが強く、モノクロ写真の奥深さを実感いただける「バラ板」という仕上げもご提案いたします。出来上がったお写真は、桐箱に入れて約2ヶ月後にお届けします。

とても、ピュアで心地いい、4人の作家の作品展を開催いたします。いつもの心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。とても楽しく心地いい今年最終の作品展。ストーブを囲んで、冬の夢雲を楽しんでいただけたら幸せです。



写真館やケータリングのご予約をいただいておりましても、すこしでも気分がすぐれないようでしたら、遠慮なくキャンセルをしていただきますようお願いいたします。どうぞご来場は、くれぐれもご無理なきようにお願いいたします。温かくしてくれぐれもご自愛くださいませ。
 
『白い冬、心の花をおくる』をピュアで優しくて芯のある4人の作家達と今あることの感謝と皆様の幸せと平和の願いを込めて
        ギャラリ-夢雲 山脇優喜美
2020argb_20201130015301

2020ahatanaka-rgb_20201127160801










畑中 篤 
焼き上がりのひとつのテストピース。
それをみて、次はこうしてみようかな と考える。
天然の原料は安定しないけれど、発見の喜びを与えてくれる。
前回の展示から2年。
色々と試してきた事を楽しんで頂ければ幸いです。
PROFILE
畑中 篤
1979 奈良市生まれ
2003 京都市立芸術大学 工芸科卒業
元興寺文化財研究所入所(〜2005)
中部国際空港 陶壁プロジェクト参加
2005 陶芸家 吉川正道氏に師事
2007 独立 愛知県常滑市にて制作活動開始
2008 名古屋芸術大学非常勤講師(〜2014)
2010 制作拠点を奈良に移し、現在に至る
http://hatanakaatsushi.blogspot.jp/
2018rgb_4
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2020amori_20201127165001
森ひろこー版画 
絵を描くこと。それによって、私は旅をしている。

初めてみる世界に自分自身が出会える旅。
絵は、人の心と対話して、新たな価値が生まれる。
誰かの人生観を変えるような、心に寄り添えるような作品を生み出したいと願っている。


森ひろこ
1975年大阪生まれ。2000年渡英後、絵を志す。ケンブリッジスクールオブアート、イラストレーション科卒業。作品制作の傍ら、イラストデザインの仕事を行っている。制作技法として版画、コラージュに、今年新たにガラス絵が加わった。

http://inspiring-pp.com/people/hiro-mori/

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
梅川茜ー箱
2020aumekawa1981年長野県生まれ
メッセージ
わたしの作ったものを使うことが、心地いいなあとかちょっと嬉しいなあと感じてもらえるなら、本当に嬉しいことだと思うので、それをめざしています。

プロフィール
フランスValreasでカルトナージュの技術を学んだ後、2003年に松本にて活動開始。
和紙・手動の古い印刷機・型染めで紙を染めるなど、紙の周辺の手工芸的技術を広く取り入れながら、箱やトレー、襖など暮らしの道具としての紙製品の制作をしている。
個展、グループ展多数。松本市在住。松本市拠点で活動する女性作家6人のユニットPomPomメンバー、年2回雷鳥張子制作。
https://akanebb.exblog.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
心と身体に優しいケータリング
間違いを訂正させていただきました。
12/9土曜日に出店いただく『銀木犀』のケータリングを
(和食のお弁当)と間違えて印刷しております。
正しくは→
ソースをつかった季節野菜が中心の洋食  が正解です。
大変失礼しております。ご確認くださいませ。


12月19日から始まります作品展の初日にギャラリー夢雲のケータリングに出店いただく
『銀木犀』からメニューと写真が届きました。
とても楽しみです。
たっぷりの野菜で取ったチキンブイヨンと地場野菜で作る洋食
メニュー
季節野菜のゼリー寄せ

コーンスープ
イチゴドレッシングのサラダ
トリモモときのこのデュクセルの重ね盛り
   赤カブのフワッとソース
     蕪とカリフラワー添え
001
2020_20201206233501
 


















 

 

| | コメント (0)

辻本しんこ肖像写真館

肖像写真館 Vol.4
[白い冬、心の花をおくる]

2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00

-----------------------------

肖像写真館の撮影にかかる時間は
撮影人数や編成(子供や動物がいる)などで変わってくるのですが
基本的に30分前後頂戴しております。

どうしても土日の方がお客さまが集中するので、
お待たせしてしまう場合もございますが、飽きることのなくそれぞの作家さんの作品展も見応え十分で楽しまさせてくれます。

毎日ではありませんが、ケータリング出店もあります!

夢雲の気持ちのいい空間で、体に優しく美味しいランチもぜひお楽しみいただきたい事の1つです。

数に限りがありますので予約をおススメします!

----------------------------------------------

12/19(土) ドッグカフェ銀木犀(出汁を使った季節料理)
12/20(日) モハマヤバード(スパイス精進ランチ)
12/22(火) おのまとぺ(ランチプレート/ケーキ)
12/23・24(水) 料理研究家Chie(ホッ




トサンド/ポトフ/ケーキ)
12/26(土) HOA BINH TABEL(ホットドック)
12/27(日) CAFE-NeKKO(珈琲/ワッフル)
12/28(月) メリメロ(ガレット/キッシュ)

------------------------------

肖像写真館 Vol.4

[料金]
RCペーパー16,000円 / バライタ紙 18,000
(撮影・現像・プリント・桐箱代込み / 送料別途)

[サイズ]
六つ切サイズ(縦 254mm × 横 203mm)

[ご予約]
できれば予約お願いします。
(予約の方優先で撮影させていただきます)

ギャラリー夢雲tel: 0745-92-3960
mail: moon39moon@gmail.com
Instagram: shinkotsujimotoのDMからでも可

[会場]
ギャラリー夢雲
〒633-0316
奈良県宇陀市室生向渕415
tel:0745-92-3960
open:11:00~18:00
http://www.39moon.com
*駐車場有り

<電車+タクシーでご来場の場合>
室生口大野駅下車→タクシーで10分
奈交宇陀タクシー株式会社配車室
tel:0745-82-0155

#肖像写真館#写真館#モノクロフィルム#フィルムカメラ#ローライフレックス#モノクロ写真#ギャラリー夢雲#宇陀市#辻本しんこ#辻本しんこ写真館#tsujimotoshinko#手焼きプリント#バライタ
表示を縮小
— 場所:
ギャラリー夢雲
129249473_2723092788006982_5657353064180
肖像写真館 Vol.4
[白い冬、心の花をおくる]

2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00

-----------------------------

夢雲での写真館までちょうど2週間を切りました。
4回目になるというのに、始まるまではふわふわと実感のない体で準備に追われ走り回っています。

会期中の10日間はマラソンをしているように
心を燃やして尽くして
目を開けたら大晦日というのがいつものパターン。

オリンピックの会場には魔物がいるとよく選手が言いますが、
わたしのとっては夢雲はそれに値するくらい
大きく、底知れないパワーも持った何かが住んでいるそんな場所。

------------------------------
肖像写真館 Vol.4
[白い冬、心の花をおくる]

2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00

-----------------------------

夢雲での写真館までちょうど2週間を切りました。
4回目になるというのに、始まるまではふわふわと実感のない体で準備に追われ走り回っています。

会期中の10日間はマラソンをしているように
心を燃やして尽くして
目を開けたら大晦日というのがいつものパターン。

オリンピックの会場には魔物がいるとよく選手が言いますが、
わたしのとっては夢雲はそれに値するくらい
大きく、底知れないパワーも持った何かが住んでいるそんな場所。

------------------------------
129532422_2722100694772858_7934163859410
辻本 しんこさんは山脇 優喜美さんと一緒にいます。
11月28日 13:50 ·
[白い冬、心の花をおくる]
2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00
-----------------------------
12月の夢雲は凛とした、冷たく透きとおった空気の中
素晴らしい作家さんと共に10日間を駆け抜ける
合宿のような展示期間です。
陶芸家の畑中篤さん
画家の森ひろこちゃん
紙箱作家の梅川茜ちゃん
今回は参加されておりませんが
生きものの様なかわいい造形のカバンを作られる山本弥生さん。
私はモノクロフィルムを使った肖像写真館をさせていただきます。
人の心に安らぎや、ぬくもりを灯すような作家たち。
作品にもそれがそのまま現れていて
心が「うれしい」と素直に羽をのばせるような
冬のプレゼントのような展示だなぁと毎回思っています。
大きなギャラリー内で
それぞれの個展が同時開催されているようなパワーで
各部屋ごとに楽しませてくれます。
毎日ではありませんが、ケータリング出店もあり
冬の山々を眺めながら体に優しいごはんや、飲み物を楽しんでいただけます。
300年以上経つ古民家なので
おのずと隙間風も流れ込み、扉も窓もたくさん、換気機能も高い場所です。
少し閉鎖的にならざる得なかった今年の最後に
ちょっと一息、心を休めてもらえるような展示を
素晴らしい作家のみなさんと共に作っていきたいと思っています。
白い冬、心の花をおくる。
------------------------------
肖像写真館 Vol.4
[料金]
RCペーパー16,000円 / バライタ紙 18,000
(撮影・現像・プリント・桐箱代込み / 送料別途)
[サイズ]
六つ切サイズ(縦 254mm × 横 203mm)
[ご予約]
できれば予約お願いします。
(予約の方優先で撮影させていただきます)
ギャラリー夢雲tel: 0745-92-3960
mail: moon39moon@gmail.com
Instagram: shinkotsujimotoのDMからでも可
[会場]
ギャラリー夢雲
〒633-0316
奈良県宇陀市室生向渕415
tel:0745-92-3960
open:11:00~18:00
*駐車場有り
<電車+タクシーでご来場の場合>
室生口大野駅下車→タクシーで10分
奈交宇陀タクシー株式会社配車室
tel:0745-82-0155

127801825_2716391042010490_8363753198832

肖像写真館 Vol.4
「白い冬、心の花をおくる」4人展
2020.12/19sat-----12/28mon
at gallery MOON
11:00---18:00
辻本しんこ
---------------------------
写真館の期間中は
常に被写体である方たちの
一番うつくしいと思う姿を探し続ける旅をしています。
笑っていても、いなくても
緊張していても、していなくても
人それぞれの一番うつくしいが
確かに存在し
本人もまだ気づいてない
うつくしさを見つけるたびに
宝物に触れたような気持ちになるのです。
今年はどんな旅が待っているのだろう。
-----------------------------

 

128047327_2714780452171549_8390946745364

 

2020a

 

2020argb_20201127235101
2020argb_20201127235601
2020a_20201127235701

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

KA 風 ZA 布 HU ー斎藤洋の染

 

風  布 ー斎藤洋の染
開催日  10/30(金)〜11/ 8(日)11時〜18時

染       齊藤洋 
バスケタリ   澤畑明見(賛助作品)
あわせまとふ  竹田安嵯代
服       高木ゆり

Shirt KAZAHU  齊藤りえ

会場—ギャラリー夢雲
奈良県宇陀市室生向渕415
tel;0745-92-3960

120809038_3552930451463657_9005705064379

ヒューマンな活動をやり続けておられる、染色家、齊藤洋さんの染『風布展』を10月30日(金)より11月8日(日)まで10日間期間中無休で開催いたします。斉藤洋さんは、日本独自の布である毛斯綸(モスリン)やがら紡などを深く愛し、今回は手に入りにくいペルーの手紬、手織りウールなどの布と対話するように自然染料での染め(手描き染)を 大胆に繊細に表現されています。
竹田安嵯代さんと共同作品『あわせまとう』、高木ゆりさんデザインの服、、齊藤利江子さんの仕立てによるシャツ( Shirt KAZAFU) 、ショール 、ガーゼモスリン・がら紡・シルクオーガンジー・蚊帳生地(麻)など でショール・タぺストリー・綿反物 を出展されます。
賛助作品に斎藤洋さんと一緒に、岩手県沿岸の被災地での物づくりに深く関わって活動されている澤畑明美さんにバスケタリーで賛助作品で参加いただいています。

11/7日(土曜日)は,14時からワークショップー、齊藤洋さんと(マリーゴールド)で染のワークショップー(要予約)でマスクをつくりましょう。 心と身体に優しいケータリングもご用意しております。

三年に一度の心に響く斉藤洋の手描き染めの作品展を秋色に染まった夢雲で平和の祈りを込めて開催いたします。是非ご高覧いただけるのを楽しみにしております。

がら紡 https://blog.canpan.info/shamurie/archive/201
がら紡とモスリン https://blog.canpan.info/shamurie/archive/176
美山かやぶ美術館での澤畑明見との二人展

ウイルス感染症の拡大防止対策を行っております。

11月7日(土)14時から (ワークショップ) 1000円 染マリーゴールド
愛知・半田市の石川のぶ子さんが織っていた貴重な生成りガーゼに、
岩手・田野畑村の共同作業所ハックの家のみんなが育て、摘み、乾かし送ってくれたマリーゴールドの黄色を染めます。
染めた布でマスク作りが出来たらと思います。 齋藤洋

要予約 ギャラリ-夢雲   mail:  moon39moon@gmail.com tel: 0745-92-3960

                 01

2020rgb-a

 

2020crgb_20201013231101

 

2020argb_20201013231101

2020brgb

2020crgb_20201013231201

 

2020brgb_20201013231201

 

120867207_3335112569871935_7084276709288

 

120889242_3520958637995940_1120272297966

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

カリンバと珍獣画羊展

 

2020-9/25(金)〜10/4(日)

11;00〜18:00 期間中無休

中山昌果ー珍獣画羊

江崎たんぽぽー珍獣画

山下光雄ーカリンバ

@ギャラリ-夢雲 奈良県宇陀市室生向渕415

tel:0745-92-3960

http://www.39moon.com/

アクセス

http://www.39moon.com/blog/cat7922220/index.html

2020_20200910215501

能登の珠洲から、独創的な作品を緻密に作り、多くのファンを魅了する中山昌果さんの羊毛をつかっての珍獣画羊の作品が夢雲に届きますが、残念ながら、悩んだすえ、愛娘、月乃ちゃんを連れての在廊は、出来なくなりました。
奈良の自然豊かな御杖村で、屋久島の木や300年前の古材をつかってカリンバ作りに夢中の山下光雄さんの制作する、美しい音色で優しく素朴で可愛い珍獣の楽しいカリンバと前回初参加で大絶賛を受けた江崎たんぽぽさんが、又さらにパワーアップして不思議な世界を独自の感覚で表現する楽しい珍獣画との作品展。 驚きと楽しさいっぱいの『カリンバと珍獣画羊展」を9月25日(金)から10月4日(日)まで、期間中無休で平和の祈りを込めて開催いたします.
世界の民族音楽のマルチプレイヤーであり音楽セラピストのロビン・ロイドさんのカリンのLiveを10月1日(木)満月の日に,人数制限で18時より開演いたします。3日まえまでにお弁当のご予約も承っています。心と身体に優しいケータリングもご用意してお待ちしております。  お越いただけるのを,楽しみにお待ちしております。        ギャラリ-夢雲  山脇優喜美

 

2020jrgb

中山昌果
プロフィール
1981 石川県に生まれる
2003 石川県立九谷焼技術研修所 本科・研究科卒業
2003 地元 珠洲市に戻り、自宅工房にて制作。
     以降 個展にて各地で作品を発表。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2020_20200910215201

山下光雄プロフィール

1967年 大阪生まれ
2000年 ロビン・ロイドさんに出会いカリンバをつくり始める。
2005年 夢雲 再生アート展に出展以降、各地で作品を発表
2008年 奈良県御杖村に移住

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

2020rgb_20200910215101 

江崎たんぽぽ

プロフィール
1988年 石川県生まれ
2011年 高崎経済大学卒業後神奈川県に移り住む
2014年 創作活動をはじめる
2015年 夢雲「どうぶつ展」に初参加

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2020rgb_20200910215301

パイパーイ」から はじまる朝
まだまだ“私”の9割は 娘のために在り
「昨日のつづき」に すっと戻れんくて
大きい物が 中々仕上がらん 歯がやしい
窓の前の一面の緑の形と色でも
十分楽しくなった
湯気か煙りみたいに
動く今日のいろ 脳ミソ日記

昌果

2020rgb_20200910215302

シャンシャン カラカラ ピンピン
カリンバにマラカスをつけてみた。
雲にミミズにプロレスラー

フリフリ ピンピン ニコニコ

ミツオ

 

2020rgb_202009102232012

2020年、いろいろなことを考えましたが、それらを一旦全部体に押し込みます。
それを『グリーンマイル』みたいに、変換して指先からおもいっきり吐き出せたらいいなと思って描きました。
曇天の4月の6畳間でしみじみ思ったのは、非常時における芸術やエンタメの大切さでした。日常のあり方が急激に変わって行く中で、ほっと一息同じ時間を共有できたら幸いです。

Robbin Lloyd お月見Live

プレイヤーであり音楽セラピストのロビン・ロイドさんのカリンのLiveを10月1日(木)満月の日に,人数制限で18時より開演いたします。

昔から中秋の名月は一年で一番美しいといわれています。そのインスピレーションで、みんなが気持ちよくなる音を奏でたいと思います。

会場 ・17時
開演 ・18時
料金 ・2000
要予約ー人数制限がありますので御予約をお願い致します。
料金 ・2000
Tel : 0745-92-3960
email : moon39moon@gmail.com
雨天決行

3日まえまでにお弁当のご予約も承っています。

お弁当ー3日まえまで 要予約 1000円

 

 

Live2020live

心と身体に優しいケータリング

要予約

ギャラリ-夢雲 Tel;0745-92-3960

2020_20200910223301 

2020rgb_20200910215501

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』

奥深い本質をついた奈良を知る為の情報誌
『月刊奈良」

5月号の『奈良旅の醍醐味』に
ギャラリ-夢雲をご紹介いただきました。

6月12日〜21日に

ボタンのアクセサリーや砂絵、オブジェのようなバッグなどが並ぶ『三人展』を開く予定とご紹介いただきましたが、申し訳ありませんが7月に変更いたしました。

20207/16(木)〜 7/27(月)
11時〜18時

『水月』 

つつむ、  つなぐ、つながる  3人3楽 

竹田安嵯代ーオブジェおようなバッグ             



長瀬清美 ーてづくり釦
畑 ゑり子代ー自然色の砂絵
賛助作品
山本伸二 ー木工作品

『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』

www.gekkan-nara.jp

Scan001-3

 

Scan001-3b_20200706221501

 

 

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

『キリムと灯り展』が4月6日に終了いたしました。

ギャラリー夢雲、2020年最初の作品展、『キリムと灯り展』が4月6日に無事いい感じで終える事ができましたが、4月7日にコロナウイルス感染症の緊急事態宣言発令され、トルコから来廊いただいたオスマン ダールさんは、飛行機が飛ばず,何度も飛行機のチケットを手に入れても、トルコに帰る事が出来ませんでした。大きな不安や心配を胸に大阪のホテルで待機されていましたが、オスマンさんが1ヶ月半以上たってやっとトルコに帰られました。まだ2週間は家で待機中です。オスマンさん本当にお疲れさまでした。ご苦労様でした。やっとご家族に囲まれてよかったです。ほっとしました。大変なときでも、明るく前向きなオスマンさんに元気をいただきました。2週間後、家での待機が終えられた時が、作品展が無事終えた事になります。優しいお心遣いをいただきました皆様、こころより感謝もうしあげます。
ギャラリ-夢雲は、5月の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』は。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。
6月の作品展は、7月に変更いたしました。

99299569_2953207681395761_77092856757653

100323505_2953208078062388_4178803505978

99289290_2953208741395655_76660221652500

コロナの緊急事態宣言 の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。
6月の作品展は、7月に変更いたしました。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

5月の作品展『南蛮と白磁』はコロナのため中止いたしました。

ギャラリ-夢雲は、5月の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』は。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され,とても残念ですが、 開催を中止いたしました。


#森岡成好#森岡由里子 の工房です。
DM制作のため写真撮影におとずれました。
残念ながらコロナのため中止になりました。
楽しみにお待ちいただいてた皆様、誠に申し訳ありませんが
2年後の5月に開催予定です。

6月の作品展は、7月に変更いたしました。

 

101059476_3147462692012205_3950349651428 100100914_3147462758678865_8430792498766

99117631_3147462818678859_74113737647236 101320263_3147462872012187_3079600892509

100608196_3147462962012178_3972605733869   

100703482_3147463142012160_6566068649763

2年前の作品展森岡成好・森岡由利子陶展『南蛮と白磁』

2018ab

2018b

| | コメント (0)

より以前の記事一覧