« 『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』 | トップページ

2020年7月 3日 (金)

『水月』 つつむ、  つなぐ、つながる  3人3楽 

20207/16(木) 〜 7/27(月)
11時〜18時

竹田安嵯代ーオブジェおようなバッグ             
長瀬清美 ーてづくり釦
畑 ゑり子代ー自然色の砂絵
賛助作品
山本伸二 ー木工作品     木精肌具 http://ywood.blog58.fc2.com/

会場ーギャラリ-夢雲

奈良県宇陀市室生向渕415
Tel;0745-92-3960
2020rgbjpg

初めて,コロナ自粛にともないまして、夢雲は3ヶ月間休廊しておりました
コロナで2020年世界中大変な状況でしたが、皆様いかがおすごしでしたでしょうか?
新緑の美しい季節に夢雲にお越しいただけなかったのは、とても残念でしたが、この期間、自分と向き合いいろいろ生きる事を問う大切な時間をいただきました。
2020年7/16(木)〜7/27(月)に『水月』ーつつむ、 つなぐ、つながる 3人3楽の作品展を開催いたします。
今回はオブジェのようなバッグをつくる竹田安嵯代さんと自然色の砂絵をかく 畑 ゑり子さんに加えて,てづくり釦作家でもあり,イガピザのオーナーである長瀬清美さんと賛助作品に木工作家の山本伸二氏のパワー溢れるお二人が加わっての作品展、とても楽しくなりそうです。水や空気のうつくしい広々した夢雲に、つつむ、つなぐ、つながる 3人3楽の作品展にお越しいただけるのを、楽しみにしております。心と身体にに優しいケータリングもご用意して、おまちしております。
心と身体に優しいケータリング
7/19日曜日
出し料理研究家Chie
要予約でお願いいたします。
予約ーギャラリ-夢雲 
Tel;0745-92-3960
Mail: moon39moon@gmail.com
Rgb_20200704115601
http://www.39moon.com/photos/asayotakeda/index.html

竹田安嵯代Asayo Takeda
梅雨の季節も過ぎさり
里山に初夏の風が吹きはじめる頃、
この度、3人の思いが
それぞれの作品を通してギャラリー夢雲での出逢いを待ち詫びております

1970年 平面の絵から立体として、布のバックが誕生する
1983年 初めて京都で個展を開く。
1985年 京都、大阪、東京などで、個展を開催。
この頃から人体の形のバックが生まれる

2020takedargb 
20takedargb

長瀬清美 Kiyomi Nagase

#igapizza #イガピザ  http://buttons-f.com/

どこにもないボタンが作りたくて…
今回は楽しいアクセサリーをいろいろつくりました。

プロフィール 
1959大阪生まれ  
1981~8年間、大阪センバの釦問屋に勤める
1992 ハンドメイドボタンを作り始めるサブタイトル「どこにもないボタンが作りたくて…

 

賛助作品
山本伸二 Shinji Yamamoto 

木精肌具 http://ywood.blog58.fc2.com/

1949年愛媛県生まれ、浪速短期大学(現大阪芸術大学短期大学部)絵画科卒業。
外国航路船員を経て、大阪の唐木指物の木工所で座卓などの家具製作に携わる。
86年に独立。京都や大阪,枚方などで創作活動を行い、現代は三重県伊賀市に拠点とする。81年の『京都彫刻新人展』入選以降,『朝日現代クラフト展」など入選多数。2011年『監査良いsづなう』(大山崎山荘美術館)出展。

2020kiyomirgb 
20kiyomirgb

畑 ゑり子Eriko Hata
     雨上がり
     緑に囲まれ歩く
     苔が光る
     森の全てが私を包み
     木漏れ日の中、光にとけいる
     水が輝く
     命をつなぐ水を感じる
     全ての友に手渡したい

     プロフィール
     1992年 描く生活に入る
     京都・法然院はじめ
     カナダ・ピースノースギャラリー等
     各地で作品発表
     砂との出会いと共に
     1個の生命体である地球を

2020hatargb
20hatargb
20rgb
 

|

« 『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

食事会」カテゴリの記事

文化 芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『月刊奈良」5月号の『奈良旅の醍醐味』 | トップページ