« どうぶつ展2015-江崎たんぽぽ・角谷真人・北脇葉子・中村賢 司・山下光雄 | トップページ | 大須賀昭彦・和子ステンドグラスの灯り展2015 »

2015年9月11日 (金)

東學×村上美香 二人展『朱夏Ⅵ』

11918952_921911697876448_3061078719

期間】2015.9/18(金)~27(日)

11:00~18:00 期間中無休

入場無料

【場所】ギャラリー夢雲

http://www.39moon.com/

〒633–0316 奈良県宇陀市室生区向渕415

Moon Special Lunch】

9/24(木)、25(金)、26(土)

HOA BINH TABLEの ホットドッグ屋さん

9/20(日)、27(日)

KITCHENWORKの玄米菜食弁当&おやつ

室生の里は稲穂が黄金色にたなびき、赤とんぼが飛び交う心地よい季節になりました。待望の作品展『朱夏~其の六』東 學絵×言葉=村上美香 二人展を2015.9/18(金)より27(日)までの10間、期間中無休で開催致します。
燃えさかる万物のいのちの美しさを伝えたくて名づけられたテーマタイトルの『朱夏』墨をまるで糸のように紡ぎ、女体をその感情共々縫い上げていく墨画師・東學は、メイン展示として、左右8メートルの大型作品『百鬼夜行』を、関西初披露。この他、花や動物など、夢雲でしか描かない作品を多数展示されます。瀬戸の穏やかな島に生れ育った村上美香は、父母から受け継いだ素朴で力強いコトバを、できるだけそのまま、飾らないまま筆で焼き付けた作品達、今年で6回目の二人展、ご高覧いただけるのをお待ちしております。   ギャラリー夢雲
2015shuka_naka

美しい山里・室生村にある築300年の古民家ギャラリー夢雲は大人になった私たちのふるさと―。

 

テーマタイトルの『朱夏』は、人生の四つの季節「青春、朱夏、白秋、玄冬」から、燃えさかる万物のいのちの美しさを伝えたくて名づけました。墨をまるで糸のように紡ぎ、女体をその感情共々縫い上げていく墨画師・東學は、メイン展示として、左右8メートルの大型作品『百鬼夜行』を、関西初披露。この他、花や動物など、夢雲でしか描かない作品を多数展示。瀬戸の穏やかな島に生れ育った村上美香は、父母から受け継いだ素朴で力強いコトバを、できるだけそのまま、飾らないまま筆で小作品に焼き付けました。今年で6回目の二人展、期間中はギャラリーに寝泊まりし、柴犬まめとみつと、ギャラリーの看板犬ムーンといっしょにみなさまをお待ちしています。   村上美香

2015shuka_omote01

東 學AZUMA Gaku

Gaku_2

1963年12月9日、京都に生まれる。日本の演劇・舞台シーンにて数多なるポスターデザインを手がける異端的アートディレクター。雪駄に作務衣姿で大阪ミナミに棲息。幼少時より扇絵師の父・東 笙蒼のもと絵筆に親しむ。14才で米国留学。当時の作品『フランス人形』はN.Y.メトロポリタン美術館に永久保存されている。絵のテーマは一貫して「女」。純日本的な血から生み出される「墨画(bokuga)」には、アートディレクターとしてのアバンギャルドな感性と、日本古来の美意識が凝縮。2003年N.Y.のレストランの装飾画として遊女を描いたのを皮切りに多くのファンが生まれ、2007年に墨画集『天妖』(PARCO出版)を刊行。2011年の震災後、東北の幼稚園児たちに室内遊びを届けるプロジェクト『おやつ大作戦』に参加、絵の先生として子どもたちと共に巨大なキャンパスに希望の絵を描く。(Long/約380字)


雪駄に作務衣姿で大阪ミナミに棲息。実態は、日本の演劇シーンで数多なるポスターデザインを手がける異端的アートディレクター。また、墨を糸のように操り、森羅万象における命の美を描く絵師。著書に墨画集『天妖』(PARCO出版)。 2014年2月、片岡愛之助とコラボした墨絵のライブペインティングが圧巻。(Short/約150字)

2015shuka_omote02

村上 美香MURAKAMI Mik

Mika

1967年9月23日、広島県尾道市因島に生まれる。瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育つ。現在は、大阪ミナミにてデザインンオフィスを経営しながら、舞台・音楽・イベント、レストランやショップなどの広告コンセプト立案、コピーライティング、インタビュー、執筆活動を行う。仕事実績は毎日放送『サントリー1万人の第九』『神戸コレクション』『戎橋筋商店街』『千趣会/しあわせ予報2014』など。著書『旅する柴犬まめのポラロイド写真詩集~ぼくらは簡単なことばで出来ている』『旅する柴犬まめのポラロイド絵本~永遠売り』(PARCO出版)。2011年、ふるさと瀬戸の島(尾道市因島)を想って費製作した『しげい帖』をきっかけにスタートした展覧会『my home town わたしのマチオモイ帖』をプロデュース。また2014年『瀬戸内しまのわ2014』にて写真とコトバの展覧会『瀬戸内、島想い』を企画制作、広県内10カ所を半年かけて巡回する。また同プロジェクト第二弾として同年8月、OnomichiU2にて瀬戸内の島々の祭りを紹介した映像&パネル展『瀬戸内の私の小さな祭りの記憶』を開催。日本各地にあたたかい波紋を拡げている。(Long/約500字)

瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育つ詩人的コピーライター。著書『ぼくらは簡単なことばで出来ている』『永遠売り』(PARCO出版)。ふるさとの島を想う私詩集『しげい帖』をきっかけにした展覧会『わたしのマチオモイ帖』『しまのわ2014 瀬戸内、島想い。』などで、人の心にやさしい波紋を広げる。(Short/約150字)執筆歴:


9/20(日)、27(日)
『旅する柴犬まめのポラロイド写真詩集~ぼくらは簡単なことばで出来ている』(PARCO出版)
『旅する柴犬まめのポラロイド絵本~永遠売り』(PARCO出版)
『しげい帖』(188/BOCKS)
『さかまち帖』(188/BOCKS)

Moon Special Lunch】
■9/20(日)、27(日)

KITCHENWORKの玄米菜食弁当&おやつ 奈良の農家から届くフレッシュな食材を使って、玄米菜食のお弁当を作ります。安心して食べられるおやつもご用意。10895199_390196944488587_1181711899




https://www.facebook.com/pages/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF/434667543284279


要予約:Tel:0745-92-3960

9/24(木)、25(金)、26(土)

『HOA BINH TABLE』の ホットドッグ屋さん

山のハム夢工房の添加のソーセージでつくるホットドッグや、無農薬有機自然栽培のベジサンドなどをその場で手づくり。



11001750_806043329466479_2340054950

|

« どうぶつ展2015-江崎たんぽぽ・角谷真人・北脇葉子・中村賢 司・山下光雄 | トップページ | 大須賀昭彦・和子ステンドグラスの灯り展2015 »

お知らせ」カテゴリの記事

作品展のご案内」カテゴリの記事

文化 芸術」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

食事会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224319/62258999

この記事へのトラックバック一覧です: 東學×村上美香 二人展『朱夏Ⅵ』:

« どうぶつ展2015-江崎たんぽぽ・角谷真人・北脇葉子・中村賢 司・山下光雄 | トップページ | 大須賀昭彦・和子ステンドグラスの灯り展2015 »