« えま&慧奏ライブ- | トップページ | 2012年、森岡成好・由利子陶展  »

2012年3月 5日 (月)

2012 遊牧民の祈り『キリムと灯り展』 

今年は、室内にもつららができ驚きましたが、薮椿の赤い花が咲き、やっと空気が優しくゆるんでまいりました。   
長らく冬眠しておりました夢雲も、2012年新しく出発いたします。
夢雲を、いつも温かく、応援していただきありがとうございます
本年もよろしくお願いもうしあげます。
2012年ギャラリー夢雲最初の作品展、
遊牧民の祈り『キリムと灯り展』を3月16日(金)〜3月25(日)の10日間、期間中無休で開催いたします。

2012a

Photo

トルコとキリムをこよなく愛するオスマンさんのキリムは、
トルコの大地で暮らす遊牧民が生活の必需品としてまた嫁入り道具として
丹念に手間を惜しまず時間をかけ願いを込めて織り続けてきたキリム、
厳しくも豊かな自然の恵みを受け大地のエネルギーに満ち溢れたキリムと 
鍛冶師・河上知明さんがつくる心に沁み入る澄んだ音の出る三昧琴の響きと美しい灯り。新しく河上真琴さんの若いエネルギーが加わって
遊牧民の祈り『キリムと灯り展』を平和の祈りを込めてお届けいたします。
3月24日(土)午後3時より、えま&慧奏ライブを平和の祈りを込めてー
を開催いたします。土、日曜日はランチもご用意しております。


Photo_2

河上知明
1956生まれ。鍛冶師。
神話的鍛冶の世界に憧れ鍛冶師を志す。29歳で独立。あとりえ三昧亭を設立。
以後、燭台と三昧琴を作り続けている。

メッセージ
僕がハンマーをふるう時、古今東西のあらゆる鍛冶師達と繋がっている気がする。
そして僕を背後から応援してくれてる気がする。
火の神様も僕を清め情熱を吹き込んでくれる。
鉄やチタンは、鉱物の気高さを教えてくれる。
鍛冶師仕事をする事は、いろんな次元と繋がってゆくことなのです。

 

河上真琴。
平成元年生まれ、2011年金沢美術工芸大学製品デザイン専攻卒業。森博嗣を愛読し、エリックサティを愛聴している。夢は複雑可変する人形を作る事と自称する関節マニアで、それを鉄にどう活かせるかと日々自問している。子供の頃ゴミ捨て場で拾った「謎の機械」を一ヶ月部屋でいじくり回した経験が創作の原風景で、あの心奪われた時間が自分の感性に与えた影響は計り知れない。鉄と人形のエッセンスが融合した新境地を目指して日々創作に向かう、あとりえ三昧亭二人目の鍛冶師。


EMA&ESOH LIVEat Gallery MOON
平和の祈りをこめて
えま&慧奏ライブ
3月24日(土)午後3時より、えま&慧奏ライブ
=平和の祈りを込めてー
出演・えま(うた,二胡)&慧奏(piano,perc.etc.)
会場・ギャラリー夢雲 (奈良県宇陀市室生向渕415)
時間・15:00Start
料金・予約¥2500当日¥3,000
食事とライブセットー予約¥3500当日セット¥4000
             Chieのトルコ風野菜ごはん¥1500
問合せ・Tel:0745-92-3960 (ギャラリー夢雲)
              moon39moon@gmail.com

えま&慧奏HP
http://www.yuraiworks.com/

Photo_3

Esohprofiler慧奏 esoh (Piano・key・民族打楽器 etc)
ピアノをメインに、オーバートーンヴォイス(倍音歌唱法)や循環呼吸など
独特な奏法や、先住民族のスピリチュアルな伝統楽器と石や木から成る自然素材の
オリジナル楽器なども演奏する。その多才さと精神性の高いプレイは、
シーンの中でも際立つ存在としてあり続ける。'87年には、自己のグループ
「Silent Pulse」で、モントルー・ニュージャズ・フェスティバル(スイス)に
出演する。'91年、ダンス公演「アマミシネリ」の音楽担当として、沖縄・ローマ・
パリ・ギリシャ公演をツアーする。風の楽団~Wind Travelin' Band のメンバーとして、
えまと共に、グラストンバレー・フェスティバル(イギリス)や、
アメリカ西海岸ツアーなど国際的に活動を展開しながら、広くアーティストとの
交流をもち、多数のユニットに参加。もっとより良い世界へと心を向ける人々との間で
音楽イベントやアルバムの制作・プロデュースにも携わる。

Emayumi2r
えま ema (うた・二胡・Guitar)
国境をもたないその歌声は、“レインボウ・ヴォイス”と称される。
また、中国の二胡やタイ・ベトナムの胡弓、月弓などの、弓奏楽器を
およそ独学で弾きこなし、その倍音を強く生かした奏法より、
もうひとつの声として奏でる。
「えま&慧奏」はじめ、伝説のバンド「風の楽団」のメンバーとして・・・他、
沖縄・奄美の島唄ユニット等、あまたのアーティスト達とのコンサート活動や
レコーディングに参加。ビジュアルアートやイベントプロデュース、
他アーティストのサウンドデザインを手がけるなど、広く活動を行う。
歌声もさることながら、音楽へのアプローチ法も唯一無二な世界をもつ、
異色女性アーティスト。

3月17日(土)18日(日)11時〜17時
スパイス精進
モハマヤバート
雑穀を使った初春のスパイス精進料理
¥1300円

出来れば予約ください。  
予約 ギャラリー夢雲 
Tel.0745-92-3960
Email.moon39moon@gmail.com

4

3月24日(土)25日(日)11時30分~18時
Chie and HIRO
トルコ風野菜ごはん¥1500

トルコには野菜やハーブ、豆をたっぷり使った
シンプルでおいしい伝統料理が沢山あります。
奈良の畑の美味しさを味わって頂きたく、顔を出した春野菜たちを使って、
トルコのレシピをchie流にアレンジしてみました。
いつものように。。。。。
HIROがトルコのイメージを膨らませるメニューをつくります。
夢雲で味わうトルコ風野菜料理をお楽しみください。 Chie

Chie_3

Chie and HIRO
http://chieandhiro.com/blog/


20122

メッセージ
トルコの野山を走り回った幼少時代、家では母がキリムを織っていました。農作業に家畜の世話。厳しい自然の豊かな恵みを受けて暮らした日々でした。キリムを眺めていると、自然とともに家族が寄り添い暮らした幼い頃を思い出します。そして遊牧民の祖先たちが大地に暮らした記憶をも甦らせてくれます。キリムは生活の必需品として、又嫁入り道具として家族のために織り続けられてきたものです。しかし今では人々のライフスタイルも変わりキリムを持ってお嫁入りすることはほとんど無くなってしまいました。だから私は自分の手元に来たキリムが最高に輝くようにコンディションを整え、新しい人生を歩みだすためのお手伝いをしているように思います。幸せな仕事です。                                  スーフィ オスマン ダール


|

« えま&慧奏ライブ- | トップページ | 2012年、森岡成好・由利子陶展  »

お知らせ」カテゴリの記事

作品展のご案内」カテゴリの記事

文化 芸術」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224319/54145945

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 遊牧民の祈り『キリムと灯り展』 :

« えま&慧奏ライブ- | トップページ | 2012年、森岡成好・由利子陶展  »