« 「江崎満ノ宇宙」を木版画陶展 | トップページ | 2011 こばやしゆう+ 笠井秀郎 »

2011年6月 9日 (木)

身にまとう自然-久仁-長崎麻弥+楠ゆきえ

2011・6/24(金)→7/3(土)
kuni-長崎麻弥・心地いい服┼楠ゆきえ・貝のアクセサリー
チェンマイの久仁-kuni- 長崎麻弥さんから届く心地いい服
(中国の上質な薄麻、コットンシルク、インドのタッサーシルク
、シフォン、ラオスの手紬・手織りのシルクなど素材を厳選し、
それらをタイの伝統的な染料である黒檀の実、サモーの木の葉、
紫檀の木の皮、蘇芳の木などで一反一反染め上げ、
作られる丁寧な久仁ーKuniの服)
と自然と犬をこよなく愛する楠ゆきえ さんに
丁寧に磨き上げられた貝のアクセサリーとのコラボレーションを
6月24日(金)より7月3日(日)まで期間中無休で開催いたします。

Dm

kuni-久仁-長崎麻弥+http://www.kunimaya.com/jp/home.php
楠ゆきえ−貝のアクセサリー+http://tiny3.cocolog-nifty.com/blog/


Dm1

Dm2

久仁-kuni-
「久仁─KUNI─」のはじまり、
それは1枚の布との出会いから。
「1987年、チェンマイを旅したとき、1枚の布、
ラオスのパービアン(肩掛け布)と巡り会いました。
それは、北ラオスのタイデーン族が織った布で、
祖先との交信の媒体布と信じられているものでした。
人が布に託す神秘が、時の流れを超越して、
私に何かを語りかけ、
ここにとどめさせたのだと思います」
瀧澤久仁子
ブランド「久仁─KUNI─」は1988年、
チェンマイに拠点を定めた染色家・
デザイナー、故瀧澤久仁子の名前に
ちなんで名付けられました。
中国の上質な薄麻、コットンシルク、
インドのタッサーシルク、シフォン、
ラオスの手紬・手織りのシルクなど
素材を厳選し、それらをタイの伝統的な
染料である黒檀の実、サモーの木の葉、
紫檀の木の皮、蘇芳の木などで
一反一反染め上げ、作られる丁寧な服。

瀧澤久仁子が20年近く積み上げてきた
そんな世界を手仕事の技が今も息づく
チェンマイで、2008年に引き継いだのが
瀧澤の娘・長崎麻弥です。
母のものづくりへの情熱を
くみとりながら、
デザインに新しい感覚を吹きみ、
時代や世代を超えて、どなたにでも
着ていただける長崎麻弥らしい
自由な服づくりをめざしています。


Dm3

アクセサリーに使われています貝は、黒蝶貝 高瀬貝鮑など特別な貝では、ありません。
その貝の岩状になった表面を「削り、磨く」というところから始まります。
そこに隠された光の渦は。。。ふっと、見上げた夕暮れの空に浮かぶ月のようで
それは、満潮 干潮 幾度とない繰り返しの中人知れず作り出されたモノ。。。
貝を磨きながら、人と自然の結びつきの深かったこと、原風景に立ち返る一瞬があります。
                    楠ゆきえ


1_2


いいだむつみコンサート と食事会
食事とコンサート¥3500
(コンサート・¥1500/食時・¥2000)

開演時間・14時
食事時間・11時〜13時
     15時〜17時
要予約 ギャラリー夢雲
Tel.0745-92-3960
Email moon39moon@gmail.com

静かな記憶
ー鎮魂と祈りの音
フランスシターと共にー
「夢雲」・・・・・ここは特別な時間が流れている光と
風を感じる布と海の記憶を残すアクセサリーと
祈りの旋律を奏でるフランシスター。
「夢雲」の記憶の隙間にそれらが融合し、
絶妙なハーモニーが生まれることを祈って。
風の匂い、鳥の鳴き声、木のぬくもり、、、、
それらが訪れる人々の心にやさしくしみ込んでくる。
夢雲の“主”は家の傾きを気にする人間など物ともせず
悠然と構えて300年もの記憶を語り続けている。
それはまるで、そこに永遠の命があるように、、、。

      いいだ むつみ

2

たべもの劇場 chieの心を込めたお料理と、hiroの楽しいお品書き、
fooの笑顔いっぱいのサービス。たべることを、味覚だけでなく、
目で楽しみ心で満喫する。そんな瞬間に出会えたとき、
人はとびきり幸せな顔になります。
私たちは、その顔を見るために、誰かを想い、
わくわくしながらつくることを大切にしています。
たべもの劇場は、ストーリーのある料理を感じ、
楽しんでいただけるよう、
さまざまな場所や季節にあわせて、ケータリング・
出張料理・料理教室を行っています。

chie (初田 ちえこ)
料理担当。数々の調理経験をかさねた後、素材を追求する料理にたどりつき、
久司マクロビオティックを学ぶ。食を通じての出会いを楽しみ、
多くの人にそのすばらしさを伝えたいと考えています。

hiro (森 ひろこ)
イラスト担当。大好きな場所は台所。旬のたべものが集まるところで、
美味しさを伝えるためのイメージをふくらませています。

foo (吉/Users/39moon/Downloads/Gmail良 ふさこ) 
サービス担当。器やお花、季節を取り入れたテーブルコーディネート、
心地よいサービスをお届けします。

|

« 「江崎満ノ宇宙」を木版画陶展 | トップページ | 2011 こばやしゆう+ 笠井秀郎 »

LIVE」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

作品展のご案内」カテゴリの記事

文化 芸術」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224319/51893457

この記事へのトラックバック一覧です: 身にまとう自然-久仁-長崎麻弥+楠ゆきえ:

« 「江崎満ノ宇宙」を木版画陶展 | トップページ | 2011 こばやしゆう+ 笠井秀郎 »